映画 ひまわりのテーマ

映画:「ひまわり」あらすじです。。。 

 妻;ジョバンナ(ソフィア・ローレン)夫;アントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)

 イタリアの2大スター、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニによる、戦争の悲劇によって引き裂かれてしまった愛を描いた、反戦メッセージの強い物語です。 

 「すぐに帰ってくるよ。」といって戦地へ行ったあの日から、彼女はずっと来る日も来る日も待っていました。

 

 ナポリで出会って二人は恋に落ち結婚したが、夫アントニオは、このままでは、もうすぐ徴兵にとらまってしまう。 狂人を装って事件を起こし、わざと逮捕されるが、すぐに見破られ、逆に過酷な極寒のロシアへの出征が決まってしまう。

 

 月日は流れ、終戦になって。。。。 しかし戦争が終わっても、帰ってこない。。

 

生死も分からないでいた夫を、妻はたまらず、とうとう、ロシアまで探しに行く。 車窓から広がる、一面のひまわり畑。。。。。。 ここはかつて戦場だった場

 そしてたくさんのロシア人捕虜やイタリア人が眠っている場所。。

 

 もしかして夫もこの下に?。。。いや、絶対に彼は生きているわ! 写真を見せながら何日も探し続ける妻。

 

やっと探しあてたが、つらい現実が突きつけられる。 夫は、命を救ってくれた現地の女性と結婚し、子供も生まれていた。

 

 なんと、帰る駅で、彼女は、夫と会ってしまう。 しかし次の瞬間、突きつけられた現実のショックを受け入れられず、悲しみとショックのあまり 列車に飛び乗り、人目もはばからず列車の中で泣き崩れる。。。

 

 ロシアまで探しに来てくれたイタリアの妻と、一瞬ではあったが再会してしまったことで、すっかり塞ぎこんでしまった夫。。。。。

 

 月日が流れても変わらぬ状況に、ロシアの妻はイタリアに行くように、彼の背中を押した。

 

もちろん、もう二度と戻ってこないかもしれない、という覚悟で。 故郷のイタリアに着き、彼女に電話をする。「今はもう一人ではないから。」と、再会を拒むが、結局列車のストで帰れなくなり、もう一度、会えないかと電話をし、やっと、正式な再会がかなう。

 

 彼女の家を訪れると今までのことを話はじめた。 戦地でのこと、雪の中死にかけていたところを現地の女性に助けてもらったこと、そしてその女性と結婚し、子供が生まれたこと。

 

でも、あの時、お礼を言ってイタリアに戻ってくるべきだった。戦争とは本当に残酷だ。でも、もう一度やり直そう。お互いまだ愛し合っている。。。。 しかし、その時、子供の声が聞こえる。 そう、ロシアから戻った後、彼女も結婚をして子供を生んでいたのだった。

 

 

 子供の名前は今も愛する彼と同じ「アントニオ」。 しかし、「僕の名前からとってくれたの?」という問いに、彼女は「いいえ、聖アントニオからよ。」と答える。。。。

 

 お互い、もう昔には戻れないことを悟り、今の新しい家族と、新しい生活を大事にしようと決心する。

 

 かつて戦地へ向かうとき、見送ったホームで、彼女は再び見送る。

 

 だんだん遠ざかってゆく列車を、あふれる思いと涙でいっぱいになりながら、今でも愛するアントニオと、もう2度と会うことはない。

 

 

ジョバンナは本当の別れをしたのでした。。  でもSUNFLWER ~LOST OF LOVE~が流れ、一面のひまわり畑が写り。。。やはり運命。。。だったのでしょうか。

 

 

あ〜切ない。。。 本当に切ない映画ですね。よしえはん この映画 何回観ても大泣き。。です〜。           Home に戻る

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ようちゃん (月曜日, 19 12月 2011 01:00)

    随分前にみました。悲しい、胸キュゥーでした。テーマ曲も、切なくなるメロディ。大好きです。
    うぅ~っ、てなる曲、大好きです。

  • #2

    ichikawa-yoshie (月曜日, 19 12月 2011 01:08)

    わ^ようちゃん 早速ありがと!泣きたい時はひまわりを観て
    大泣きして スカッとします。笑。

  • #3

    竜吉 (月曜日, 19 12月 2011 22:02)

    以前にレッスンしてたおっちゃんが、この曲を好きなのがよう判らんかったんですが、最近になって映画を観た時に理解できました。 そら、あのエンディングで流れたらヤラレルわなぁ。

  • #4

    マルシオ (月曜日, 19 12月 2011 23:45)

    市川芳枝さん、どもども。
    是非今度この曲を歌ってください。
    大好きな曲です。
    チャウ♪

  • #5

    ichikawa-yoshie (火曜日, 20 12月 2011 11:24)

    竜吉さん 有り難う。
    惨いエンディングだけど、美しいメロディー。
    本当に、やられます。

  • #6

    ichikawa-yoshie (火曜日, 20 12月 2011 11:29)

    マルシオさん。
    そうですね。
    トライしてみます。歌いながら、泣いてまうかも。笑